【若い先生方に向けて】夏休みの過ごし方のススメ!

目次

はじめに

こんにちは。

教師はきっとみんな楽しみなはずですね、夏休み。

夏休みを目標に1学期を乗り越えた!という先生方、少なくないはずです(笑)

しかし、意外とこんな声をよく聞きます。

夏休みにしといた方がいいことって何ですか?

夏休みを、どんなふうに過ごしたらいいんだろう?

休んでいいのかな?

長期休みに入り、普段相手にしている子供たちが来なくなると、自分達の身の振り方がよく分かんなくなっちゃいますよね(笑)

中学校だと、部活の指導が入ってくるのでしょうけれども。

さて、今回は、「夏休みの過ごし方を知りたい!」という先生方に向けて、自分自身がやってみたり、人の過ごし方を見たりして考えた、「夏休みの過ごし方のススメ」に関してお話をします

今回の記事を読めば、教師におすすめの、夏休みの過ごし方が分かります。ぜひ、最後までご覧くださいね。

夏休みは、「仕事以外のこと」をしよう!

さて、教師の夏休みの過ごし方のおすすめとして、結論を申し上げると、「仕事以外のことをする!」になります。

えぇー、夏休みの間に仕事を進めて、ラクになりたい!

夏休みの間に仕事して、レベルアップしたいんだ!

とおっしゃる先生達もいらっしゃるでしょうし、その考え方も間違いないと思います。

確かに、夏休みの間に仕事を進めておけば、2学期に少し余裕ができます。また、夏休み中も一生懸命仕事に取り組む熱心な先生のことは、単純に尊敬しますし、頼りになる方が多いなと思います。

しかし、私自身は、夏休み中の先生に、「仕事以外のことをする!」ことをおすすめします。

その理由は、教師にとっての夏休みは、「平日にまとまった休みを取れる唯一の期間だから」です。

教員って、仕事が一瞬落ち着く瞬間くらいは無数にあります。しかし、まとまった休みを取れるときってなかなかありません。

この、まとまった休みにしかできないことをするのがおすすめです。

具体的に説明していきますね。

おすすめ1:ドライブorお出かけする

りこぴん
りこぴん

夏休みは、遊びましょう(笑)

個人的なおすすめは、夏休みはあえて平日に年休を取って、遊びに行くことです。

土日や祝日に行くとどうしても人が多いところ、並ばないといけないところ、存分に遊び尽くせないところがあります。有名な飲食店や、テーマパークなどがそれにあたることが多いですね!

リサーチして、土日は行きづらいところに行きましょう(笑)

私は、長期休みの間に、休日だと長蛇の列ができる人気店に、平日のオープンに合わせて行くことが好きです。

そりゃもうホント感動する味のランチが頂けることがあります(笑)

家族や友達と出かけるのもいいですし、教員仲間で出かけるのもいい。

ひとりで出かけるのももちろんアリです。

りこぴん
りこぴん

私は、結婚前は、ひとりでじっくり一日買い物に出かけることが多かったです。

人が少なくて、ゆっくり欲しいものが選べて、好きな時間でしたね(笑)

教員仲間と遊びに行くこともしょっちゅうありましたよ!

もし誰かと行きたいときは、誘われ待ちするのではなく、「自分から誘う」のがおすすめです!

なぜなら、単純に人と行くと楽しいだけでなく、「行動力」が身につくから

私たち教員は、よく子ども達に、「進んで自分から声をかけなさい!」って言いますよね(笑)

でも、私のイメージでしょうか。

そう言う教員自身が、自分から人に声をかけたり動いたりすることって、少ない気がします。

行動力って、とっても大事なのに。

遊びを通して、楽しい思いができるだけでなく、人として大切な「行動力」が身につきます

この記事を読んでいただいた後、ぜひ、誰かを遊びに誘って下さい(笑)

遊ぶと、楽しい思いができるだけでなく、経験値が高まり、人生が豊かになりますよ!

子どもたちに話せる雑談のネタが増え、魅力的な教師になれるかもしれません(笑)

おすすめ2:読書する

読書は、おすすめです。

夏休みの、少し時間がある時の過ごし方として、とてもいい。

でも、読書は面倒くさい、って気持ちもわかります。

最近の私たちって、分からないこと、知りたいことはネット検索で済ませちゃうことがほとんどです。手軽ですしね。

それでもあえて「読書」をおすすめするのには、理由があります。

本に載っている情報の熱量は、本当に高いからです。

本って、書いた人が、何かしらの思いを込めています。

小説なら作者の世界観が表現されていますし、実用書なら、作者なりのノウハウが詰め込まれています。世に出るまでには、編集の方達の手も入っています。言葉選びから文の構成まで、本当に考え込まれているんです。

短い文をサラッと読むのとは、全然熱量が違います。

ネット検索でブログなどの文を読むのも手軽でいいんですけども、そういった、熱量の高い文を読むことでしか得られないものがあります。

りこぴん
りこぴん

実用書をいくつか読んでいると、多かれ少なかれ、書いていることは似てるってことにも気づいてきますね。読書は、人生を豊かにします。

夏休みに、溜まった仕事をこなすのは、もちろんいいことです。

しかし、長期の休みに読書をして、考え方を豊かにし、今後の仕事に生かすのも、悪くはないと思いませんか?

おすすめ3:IT・マネーリテラシーを身につける

ここまで、遊んだり、読書したりすることをおすすめしてきましたが、

夏休みのうちに教師としての腕を上げたい!

という熱意のある方もいらっしゃるでしょう(笑)

そういった方は、夏休みに勉強するのも、良きです。

教育についての勉強ももちろん悪くはないんですが、私のおすすめは、ITとお金について勉強すること。

なぜなら、自分にとっても、子どもにとっても、人生に役立つ知識・スキルだからです。

順番に解説しますね。

ITリテラシーを身につけよう

勉強するなら、まずPCスキル!

りこぴん
りこぴん

私は、特段PC操作に長けているわけではないですが、職員室で「操作早いね」と言われたり、「ちょっとやり方教えてー」って呼ばれたりすることは複数回あります(笑)

Excelを使ってみよう

特に、Excelの使い方を練習するのがおすすめ。

ネットで検索すれば、いくらでもExcelの使い方の基礎知識は出てきます。

Excelでできることを、簡単なことから順番に試してみましょう。

具体的には、

  • 表の作り方
  • 数式の挿入の仕方
  • セルの管理の仕方

など。

こんなに一気に覚えきれないよ

と思うほど、色々な操作が出てくるはずです。

けれど、覚えきれなくても、やってみるのがオススメ。

なぜなら、「Excelでこんなことができるのね」って思える経験をするのが第一目的だから。

一度でも経験しとけば、仕事でふとした時に、

あ、これ、この前のあの操作をすればラクに作業できそうだ!

って思う時が、必ずきます。

先述の通り、覚えてなくても大丈夫。

やり方をその場でネット検索して思い出せばいいんです。

一発でやり方が出てきます。

今まで数時間かけて行っていた作業が、Excelの勉強をすることで、今後は数十分で終わるようになるかもしれませんよ。

ショートカットキー操作を覚えよう

また、PCのショートカットキーを覚えるのもいいと思います。

「Ctrl+C」「Ctrl+V」でコピー&ペーストなんかは有名ですよね。

でも、有名なだけあってホントしょっちゅう使うし、作業が効率化できる。

他にも、上書き保存とか、切り取りとか、役立つショートカットキーはたくさんあります。

チリツモです。

ほんの数秒の作業の時間短縮は、今後の時間を生み出します!

タイピング練習をしよう

タイピング練習をするのもおすすめ。

タイピング練習?小学生じゃあるまいし…

と思う人もいるかもしれませんが、タイピング速度って、ホント大事。

だって、この仕事、結構文章打ちますよね?

ノロノロとタイピングする時間は、正直言うと無駄な時間。

その時間は授業づくりにあてたり、自分の休養にあてたりした方がいいと私は思います。

夏休みにゲーム感覚で、タイピング速度を高める練習をすることは、かならず自分の教師力となって還元されるはずです。

このように、ネットやPC活用スキルを高めることは、少し時間に余裕のある夏休みに行うと、今後の教師生活を大いに助けてくれます。

職員室で、PC操作が苦手な先生の助けになることもできますよ(笑)

お金の勉強をしよう

お金の勉強は、ホントのホントにおすすめ(笑)

なぜなら、自分の一生にかかわる知識・スキルとなるから

具体的には、

  • 投資のやり方や、投資用語について
  • 正しい節約・倹約の仕方について
  • 税金の仕組み・節税について

など勉強するのがおすすめです。

りこぴん
りこぴん

私は、数年前からお金の勉強を始めた結果、お金の使い方・考え方がガラッと変わりました。

また、子どもたちにできる話の幅も広がりました。

自分の人生を豊かにするためにも、教育者としても、正しいお金の知識を身につけることって、とても大切だと思います。

詳しくは、こちらの記事をご覧くださいね。

【教員の資産形成】教員こそ、お金や投資について考えよう

おわりに

いかがだったでしょうか。私のおすすめする夏休みの過ごし方は、「教育」とは少し離れるものばかりだったと思います。

「夏休みだから、のんびり仕事しよう」「なんか不安だから、できることをしとこう」って過ごし方も、それはそれでいいものだと思います。夏休み中、職員室の先生たちと普段できない雑談をして過ごすのも、結構楽しいですもんね(笑)

しかし、せっかくの夏休みを、作業だけして過ごすのは非常にもったいない!と思います。

短期的に見れば、目の前の作業を進めた方が、「仕事した〜」って感じにはなるでしょう。

しかし、遊んだり、読書したり、勉強したりすれば、作業は進まなくても、今後長期にわたって役立つ経験やスキル、考え方が身につきます。将来の自分への、投資となります。

だから、先生方、夏休みはとにかく平日に遊ぶ経験をして下さい(笑)

ゆとりのある時間があれば、ぜひ読書したり、教育に関係ない勉強をしたりしてみませんか?

ではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・子持ちの30代小学校教員夫婦。
・夫婦で全学年の担任を経験済み。
・校務分掌の各種主任の経験あり。
・作業効率化のガジェットに興味あり。
・夫婦ともに、インデックス投資と高配当株投資を実践中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次