【子育て教員必見!】教員の仕事と子育てを両立させるために大切な2つの考え方

目次

はじめに

こんにちは、りこぴんです。

今回の記事をご覧頂いているのは、これから子育てに向かわれるか、もしくは仕事と子育ての両立にお悩みの先生でしょうか。

教員を続けながら子育て、できるのかな…?

教員って忙しいけど、どんなふうに子育てすればいいのかな?

こんな気持ちになってある先生方、多いはずですよね。

教員の仕事って、本当に多忙。

量的にも、質的にも、精神的にも、非常にタフな働き方を求められる仕事です。

仕事で精一杯なのに、子育てまで増えるとなると、不安でいっぱいになりますよね。

りこぴん

我が家には保育園に通う子どもがいますが、夫婦共に、フルタイムで学級担任をしたり、校務分掌の主任を務めたりしました。
大変さは、よくわかります。

今回の記事をお読みいただければ、

教員の仕事と、子育てを両立させるためにはどうすればいいか?

ということがお分かり頂けます。

私自身も、子育て中のパパ教員です。

これまでの経験や、失敗談をもとに、「こんな考え方で仕事に取り組むのがオススメだよ!」というお話をします。

ぜひ最後まで、ご覧くださいね。

教職と子育ては、両立できるか?

まずは結論から。

「これまでと同じような考え方で働いていては、到底両立できない!」

というのが答えになります。

だって、教員の多くは、ずーっと仕事してますからね。

言われなくても、分かってるわい!

という声が聞こえてきそうです(笑)

そこで、両立させるための対策を考えていきます!

教職と子育てを両立させるために大事なこと

教員としての仕事と、子育てを両立させるために大事なこととは、何でしょうか?

それは、

「考え方の変化」

です。

もちろん、早く帰るための時短仕事術はたくさんあります。

でもそれは、子育て教員としての「考え方」を身につけてから実行するものです

りこぴん

ご自身を、車に例えて考えてみましょう。

車が走るためには、エンジンとタイヤが必要ですよね。

いくらいいタイヤを履こうとも、エンジンがなければ、そもそも車は走りません

この「エンジン」にあたるのが、「考え方」!

まずは、子どもが産まれる前と、考え方を変えていくことが大事なんです。

りこぴん

では、どんな考え方をすればよいのか?
具体的に説明していきます!

身につけるべき考え方は、

・定時に帰るぞ
・好かれなくてもいい

この2つです!

考え方①「定時に帰るぞ」

「定時に帰るぞ」という考え方を持つことが、めっちゃくちゃ大事です

「定時」と具体的に決めるのがポイント。

「できるだけ早く帰ろう」じゃダメです

なぜなら、自分に甘くなるから。

きっと子育てをしようと思うと、早く帰ろうとはするでしょう。

ただ、「できるだけ早く帰ろう」程度の考え方では、経験上、うまくいきません。

りこぴん

このように言うのには、理由があります。
少し私の話をします。

きっかけ①「お迎え」というタイムリミット

娘が生まれてすぐのときのことです。

私は、

りこぴん

遅くまで職場に残ることはやめよう。
できるだけ、早く帰ろう。

と考えることにしました。

実際、あまりにも遅く退勤することは、なくなりました。

しかし、妻がうちにいて、自分が働くという状況に徐々に慣れてくると、だんだん自分に甘くなっていきました。

「今日はここまでしないとキリが悪い」
「今日は遅くなってしょうがない」

そんな理由から、少しずつ帰宅時刻は遅くなっていきました。

しかし私は、自分なりに頑張っているつもりでした。

「できるだけ早く帰ろう」とは、していたからです。

妻にも、「俺、頑張って早く帰ってるよ」という態度でいました。

しかし子どもを保育園に入れると、次のような考え方にガラッと変わりました。

「定時に帰ろう」

それはなぜか。

17:30には職場を出ないと、保育園のお迎え時刻に間に合わない

という条件がついたからです。

はじめは心配でした。

しかし、結構きちんとお迎えに行けています。

そりゃあ、この仕事をしていると、どうしても定時で帰れなくなってしまう事態はあります。

けれど、「お迎えは妻や祖父母に任せきり」という状態にはなっていません。

りこぴん

やろうと思えば、できるんです。

早くからこの考え方をしていれば、娘が今より小さくて手がかかるときに、もっと家族の力になれたはずです。

きっかけ②娘と二人きり生活

あるとき、一週間、私と娘の2人きりで過ごすことになりました。

なぜなら、私も娘もコロナウイルスに感染してしまったためです。

りこぴん

家から一歩も出られない日々。
初めて、丸一日幼い娘と過ごす毎日でした。

一歳半の娘は、可愛いかったです。

しかし、泣くわ騒ぐわ、ずっと一緒にいると、本当に大変。

正直、心の奥でこう思っていました。

りこぴん

妻、早く帰ってきてくれ!

17:00を過ぎると、その思いは爆発的に大きくなりました。

何度も、妻が帰ってこないか、窓の外を眺めにいきました。

妻の車の音がすると、すっごく安堵したのを覚えています(笑)

そのとき、私は身をもって感じたんです。

「一人で子育てする大変さと、心細さ」を。

2つのきっかけを経て

この2つのきっかけから、私は、「定時で帰るぞ」を自らのめあてにするようにしました

もちろん、うまくいかないときもあります。

妻に「ごめん」って連絡して、遅くなっちゃう時だってあります。

しかし、

基本、定時を過ぎたら帰るようにすることができました。

細かい仕事テクニックよりも、まずは「定時で帰ろう」って考え方を持つことが大事だと、身をもって感じます。

本気で思うと、自分に合った効率的な仕事の進め方を、進んで考えるようになりますよ。

りこぴん

思いは、強ければ強いほどいいです!
エンジンの出力が高ければ高いほど、車の走りは良くなりますから!

考え方②「好かれなくてもいい」

「好かれなくてもいい」って考え方を持つことが、子育て教員に必要な第二のエンジン

「人に好かれたい」って気持ちが、定時で帰ることを難しくさせるからです。

定時で帰るのが難しい理由

そもそも教員が定時に帰りにくいのは、なぜでしょうか。

業務量の多さが、いちばんの理由であることは間違いありません。

しかし、こんな思いが、少なからずありませんか?

まだみんな残って頑張ってるから、自分だけ帰るのは悪いなあ…

思っちゃいますよね。

しかし、定時で帰るのは、全く悪いことではありません

良くないのは、

「周りのこと」を考えているようでいて、「自分のこと」を考えているところです。

りこぴん

「自分だけ帰るのは悪い」という考えの奥底には、
「みんなと足並みを揃えて、みんなに好かれたい」
という思いが少なからずあるはずです。

そんな思いが生まれちゃうのは分かります。

ただ、早めに帰宅するべき子育て教員には、断じて不要な感情

やるべきことが終われば、さっさと帰りましょう。

早く帰ったって、大丈夫

早く帰りたいからって、提出物を出さなかったり、人からの頼まれごとを全て断ったりしていたりしては、角が立ちます。

けれど、最低限やってれば大丈夫。

むしろ、「仕事が早いね」と高評価をもらえることだってあります。

職場での人間関係は、早く帰るか遅く帰るかでは決まりません

りこぴん

「どれだけ誠実に仕事したか」
「どれだけ気持ちよく同僚と接することができたか」

で決まります。

だから、「好かれよう」と思わなくて大丈夫。

誠実に仕事してれば、あなたを嫌いになる人なんか、ほとんどいないはずです。

「好かれよう」という思いがなくなると、驚くほど楽になりますよ。

むしろ、さっさと仕事を終わらせて、颯爽と子どものために帰るあなたを見て、勇気をもらえる同僚だっているかもしれません(笑)

自分は毎日、爆速で職場を出ています。
「仕事、早いね」と褒められたこともあります。
書類の提出を忘れて、叱られてしまったこともあります(笑)
注意されたのは、期限を忘れていたのが原因だから、当たり前。
早く帰ったこと自体が悪いわけではありません。

定時に帰っていなかったときの自分

「できるだけ早く帰ろう」としか考えていなかったときの自分は、間違いなく周りの目を気にしていました。

家族のことよりも、仕事や自分のことを考えていました

りこぴん

「もう帰ったら、他の人に悪いな」
「もう帰ったら、一生懸命仕事してないと思われるかも」
こんな思いが、少なからずありました。

子育て教員としての働き方ができなかったのも、当然です。

数年前にタイムスリップできるなら、自分に言いたいですね。

「好かれようと思わなくていいよ!大丈夫!」

って。

おわりに

いかがだったでしょうか。

教員が子育てと仕事を両立させるためには、

・定時に帰るぞ
・好かれなくてもいい

という2つの考え方が大切だという理由が、お分かりいただけたでしょうか。

この2つの考え方は、子育て教員を動かすための、エンジンとなる考え方です

細かいやり方を身につける前に、まずこの考え方を身につけましょう。

りこぴん

きっと、家族との時間をたくさん作れるだけでなく、仕事のスキルも上がっていきますよ。

一緒に、いい仕事と、いい家族づくりをしていきましょうね!

ではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・子持ちの30代小学校教員夫婦。
・夫婦で全学年の担任を経験済み。
・校務分掌の各種主任の経験あり。
・作業効率化のガジェットに興味あり。
・夫婦ともに、インデックス投資と高配当株投資を実践中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次